成長ホルモンを沢山分泌する為の、眠りの体内時計

以前は、寝つきはよくても夜中に目が覚めたり早朝に目が覚めて、なかなか眠った気がしない体質でした。がここ1年前から、その眠りの悩みは80%ほど解消されたと感じています。

きっかけは、根来秀行医学博士が明言する睡眠の仕組みや薦める方法を知ってからです。先ずは、人の睡眠にとってどうあれば又、どう時間を過ごせば良いかを、理解することとなりました。

ターゲットは、眠っている間に、成長ホルモンでもあるメラトニンをいかに沢山分泌させるかのようです。その為に眠るべく良い時間もあるので、就寝が午前0時より遅くなるとあまり良くないことが分かってきます。

時に、最初の睡眠の1,2時間に熟睡すれば、それでも良いときくことがありますが、それではやはり眠りが短過ぎて、身体の細胞の修復も十分に行われてないに違いありません。

私自身の実践はこうです。先ず朝は、以前7時過ぎゆっくり起きていたのを、6時半に起きる習慣にリセットしました。そして、小時間でも良いから太陽を浴びる、それが身体に起きて活動していることを認識させる当たり前のことだと、そして暗くなったら眠る、そんな風に単純に身体に覚えさせればいいのだ、と博士は言います。

日中は活動を普通にこなし、夜は朝早めた分眠る準備も早め、夜11時前後に就寝するように心がけるようにしました。夜中12時を廻ってしまうのは、絶対に回避です。何故なら、11時以降午前1時頃までに一番成長ホルモンが分泌させるということだからです。

この体内時計のリセットをして暫くすると、起きるのも朝スッと起きれますし、夜は夜でそろそろ眠くなるというのも身体が訴えてきます。勿論、次の日に大事な行事があるとか、心配事がある時などは眠りに影響が出ることはあります。

ですが、以前に比べたら、朝スッキリしているという実感が得られること、それは睡眠がよく取れていることに他なりません。

眠れないのは、身体が眠りを欲している時間帯を逃してリズムを乱している、とも考えられます。本来眠る時間に寝てメラトニンホルモンを分泌すれば、起きる時間にキチンと起きて日中活動することが容易になるのではないかと、思います。

 

ぐっすりと眠りに落ちる方法

人は誰しもぐっすりと熟睡したいものです。なかなか寝付けなかったり夜中目覚めたりばかりでは健康にも良くありませんし。

私も夜中目覚めたり熟睡できず、悩んでおりました。

自分なりに方法を考えて以前よりは大分マシになってきた方と思います。そんな私の熟睡する方法を書き出してみようと思います。

○寝る場所を整える。

仕事が忙しくなると帰宅してそのままバタッと寝床に飛び込んで起きたら着の身着のまま‥なんかあるかもしれません。私も不規則な時間の仕事の為、夜勤が続くとよく起きる現象です。

しかし寝づらい姿勢や無理な体勢で寝ると変えって体に良くありません。となると熟睡なんか出来る訳ありませんよね。

時間に余裕を持ってゆっくりと体を伸ばせる寝床を整えてしっかりと寝に入りましょう。これ本当大切な事です!

○無理してお酒飲んだりしない。

ちょっと強めのお酒を飲んでほろ酔いで寝床に入るとかお酒の力を借りて熟睡をする‥なんて良く聞きます。私も以前、ウィスキーなんかのお酒を寝酒として飲んで床に入る事をやっていました。

しかしお酒を飲んで熟睡というのは間違いです!実際はお酒を飲んで寝るのは眠りが浅くなります。病院で寝れない事を相談に行った事もあるんですが病院の先生からも同じ事言われました。

お酒にかかわらず寝る前にコーヒーを飲むのもダメですよ。寝れなくなります。

○テレビや電気は消して!

私は仕事が朝早いので普段は敢えて電気は消さず、テレビもつけたまま眠っています。今はそのせいで眠りが浅いのもあるんですが苦笑

しかし翌日休みだったりゆっくり眠れる日は必ず電気を消してテレビも消して床に入ります。無駄な音も入ってこず、ぐっすりと眠る事ができます。

○リラックスできる空間を作る。

頭の中に不安や心配事があれば熟睡も出来ません。私の場合、仕事の不安や心配事を抱え込む方でした。それが強いと眠れなくなりましたし熟睡も出来ませんでした。 夜中決まった時間に目覚める事もありました。

今心がけているのは帰宅途中で仕事の事は忘れます。

帰宅途中からオフモードにして帰宅して何をするか、何夕食で食べるかと全く関係ない事を考えます。

○まとめ

いざ寝るぞ!となった時は寝床を整えて電気消して無音にしましょう。1日の疲れを取る気持ちになって体をグーーッと伸ばせば眠れます!ぐっすりと眠れますよ!

 

熟睡するために朝の日の光を浴びましょう

熟睡をするためには、規則正しい生活を送ることが大切です。

特に早寝早起きが大切で、さらには「朝の日の光を浴びる」ということが最も大切になります。

人間の体には「体内時計」があります。体内時計は24時間ではなく、人によって25時間だったり、26時間だったりします。そのため放置しておくと、1日+1時間、もしくは2時間ずつ眠る時間や起きる時間が遅くなってしまいます。

夜型の生活を送っている人の中には、最初は夜中の12時に就寝していたのに、徐々に眠る時間が後ろ倒しになっていった人も多いと思います。

1時になり2時になり、気が付いたら朝のニュースが始まる頃に眠って、夕方起きるような生活を送る人もいます。

体内時計は朝の日の光を浴びるとリセットすることができます。毎朝朝の日の光を見てリセットをすることで、規則正しく生活を送ることができます。

規則正しい生活を送っていれば、朝に自然と目が覚めて、日中を全力で駆け抜けることができます。活発な活動をすることができるため、眠る時間に適度な疲労感を持つことができます。

また夕方になると徐々に活発な交感神経から、ゆったりと過ごす副交感神経に切り替わるため、暗くなると眠くなっていきます。

このように朝早く起きて陽の光を浴びて、規則正しい生活を送ると、夜に熟睡しやすい環境が整います。

さらに朝の日の光を浴びることで「セロトニン」という体内物質が生まれます。セロトニンは夜になると「メラトニン」という体内物質を生みます。メラトニンは体内が自然に生み出す睡眠導入剤のようなもので、熟睡のために大きな力を発揮します。

早起きをして陽の光を浴びて1日のスタートを切ると、熟睡のための準備が始まります。夜になってから特に何もしなくても、自然と体が眠る準備をしてくれます。

眠る前にスマホを見てブルーライトを浴びたり、仕事のことを考えてドキドキしたりするような、睡眠の邪魔をするようなことをできるだけ排除すれば、誰でも熟睡できるでしょう。